FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレオープンから一ヵ月後。
ようやく看板とロゴをガラス面に張りました。

ガラスの表、外側に貼る看板やロゴなので耐用性の事を考え
住友3Mの素材を探して使用。


せっかく大きいロゴを作ったので画像も大きく載せてみました。(^^;
これは横1m50cmくらの大きさ。
小さいロゴであればパソコン&プリンターを使えば簡単だけど
ここまでの大きさになるとそうはいかず。
作り方は参考にするロゴをひたすらコピーで拡大し原寸大で繋ぎ
文字もそこから原寸でトレースして切り出す。

一文字ひともじを切り取って用意した文字をガラス面に貼り付ける。

文字貼りするには原寸大で繋ぎデカくコピーしたロゴを室内から貼って
その文字の位置を参考に表から貼る、といったやり方。
きっともっと簡単なやり方があるんだろうけれど
思いつかないのでとにかくこのやり方で
文字下のラインがずれるとかっこ悪いので気をつけながらひたすら無心で没頭・・・。

studiorogo.jpg


これだけ貼るのに約4時間半くらいかかったように記憶している。
文字切りを含めるとかなり時間を要してしまったロゴ。


studiorogo2.jpg


生徒募集中です。

heroes.jpg


これはスタジオ入り口のドアに貼り付ける看板。
ステンレス、ヘアーライン板に切り出した文字を貼っただけ。

最後になったけれど、このスタジオのご紹介を。

「スタジオヒーローズ」といいます。
ブギーロジック、バレー、フィットネス、ジャズ、ファンク、ヒップホップなど。
大人や学生はもちろん、小学生や幼稚園の子達もOKで
実際に小さな子がたくさん踊っています。

ダンスを指導するここのオーナーは実はアメリカでダンスパフォーマンスを学んでこられ
米大会でのダンスコンペティションで優勝したりもしています。
岡山でもダンスミュージカルを毎年開催され高い評価も得たり
「うらじゃ祭り」での踊り指導で毎年、賞をもらったりしています。

うらじゃオフィシャルサイト [Link]

踊る目的も「ただ、踊りたい!」とか「気軽な体力維持目的」
そして本格的にプロを目指す方もOK。
実際に劇団四季に合格して活躍されている方もいます。

無料体験や見学も出来るはずなので興味のある方はまずは
問い合わせて行かれることをオススメします。

Dance&Musical   Studio Heroes

岡山市舟橋町6-24
TEL&FAX 086-265-5334


スポンサーサイト
看板が出来る前に「プレオープン」
看板なくても空間さえ出来てしまえば踊るだけです。(^^

dance2.jpg


dance.jpg


実はこの子達、凄いんです。
本格的なヒップホップやら踊りまくります。

dance3.jpg



この空間。
大事なところは業者さんに任せたけれど素人でも出来るもんです。

最後に頼まれていた看板とガラス面に貼るロゴはこれから
1カ月後くらいに完成したのであります。


メインのスタジオがだいたい終わったところで
控え室はどんな風にしたいのか聞いてみると
あまり何も考えていなかったような素振りだったオーナー。(^^;
生徒さんが着替えや物置きなど、使われる場所だろうから
ここも綺麗にしておかなくてはと感じいろいろと相談。
壁は余っているペンキで塗るにして「床はどうすんの?」と訊ねると
そのやりとりの中でここまでするのは予算がない・・とひしひしと感じる。
仕方ない・・と祝いの気持ちを兼ねてパンチカーペットを
「自腹」で進呈し張ってあげる。

studio10.jpg


仕上げ後の写真がこれ。
施工前の画像がないのが残念。雲泥の差であります。


studio11.jpg


4階建の建物なので(スタジオは1階)
2階からの塩ビ配水管が目立つのでここは勝手な好みで
アルミのダクトホースを巻く。
シンプル、クールな仕上がりになったのでは?と自己満足した部分。

元からあったロッカーや棚は使わせてもらえる事になり丁寧に掃除して再利用。
大家さん、ありがとうございます。

これで終わりだろう、と思っていると
「最後にやってもらいたいことがあるんよ」とのこと。で、
看板を作ることに。







当初は「床材も自分達で貼ってみる?」的な話も出て
ホームセンターや大手な家具店など一緒に回ってみたけれど
安い床材を素人施工でやったとしても後々めくれたりしてくるだろう・・・
などなど検討した結果、ここも業者へ依頼する事にする。

お願いしたのはおなじみのShop NOIEさん
http//ww3.tiki.ne.jp/~noie/




壁一面の鏡と黒色のフロアリュームの床材。
びしっとしまりました(^-^

studio4.jpg


そしてこの後は控え室の施工と続くのであります・・・。(--
まだまだ終わらない。






床材を貼る前に壁の塗装を。
色の好みや用意はオーナー自身が段取りするのでただひたすら塗るお手伝い。
下地もオーナーがきちんと綺麗に掃除&処理されてたので
塗るのは楽チン。

そして、ここはダンススタジオになるので「鏡」が必要。
それには土台となる壁が必要とのことに。
たださすがに素人が鏡の土台となる壁を作るにはあまりにも危ないので
施工は業者に任せることに。【写真、右上】
あっという間に完成されたらしい。さすがプロです。

赤色に塗っていないところは鏡が張られる箇所。
他の壁の色はコンクリートをイメージした(らしく)薄いグレーを塗る。

実はここまでの段階では一体どんな空間になるのか・・・
全く予想出来ず。

だけどこの後、床材と鏡が入ると「ぐっ」と渋い事になったのです。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。